So-net無料ブログ作成
リモージュボックス 物語 ブログトップ

ブレーメンまであとどれくらい? [リモージュボックス 物語]

    
                  ブレーメンはドイツにある都市です。
          行ったことはないけれど,子ども時代に耳に馴染んだ都市^^

 

続きを読む


nice!(13)  コメント(17) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

今日はイースター! だからうさぎ^^ [リモージュボックス 物語]

       

                  タマ番中のみ~ちゃんです。

        なかなかブログを見る機会がなくて,記事もお返事も滞り中……。

          やっぱり5月の連休までひと息つけそうにありません

                     今日はイースター。

                   キリスト教の復活祭です。

      ふさわしいボックスあったかしら?と思って棚を見ていたら,ありました!

                   ラビットママのボックス^^

続きを読む


星の王子さま 5 [リモージュボックス 物語]

買うまいと思っていたのです。でも愛するキツネに負けて購入。

                これもお顔のデッサンが… こちらもタテ4㎝×ヨコ3㎝×高さ1㎝。

裏にもペイントがあります。 中は砂漠で出会った花。

留め金は三日月。 

                              

 これまではArtoriaのものでしたが,これは別の工房です。

シリアルナンバーは037/750です。 

こういう表紙の『星の王子さま』も他の国にはあるのでしょうか? これでたぶん星の王子さまの

ボックスは購入しないと思います。 でもキツネと薔薇が出たら……。 危険です……。

王子さまがキツネからもらった言葉。

 

   「なに,なんでもないことだよ。 心で見なくちゃ,ものごとはよく見えないってことさ。

               かんじんなことは,目に見えないんだよ。」


星の王子さま 4 [リモージュボックス 物語]

 星の王子さまのbookタイプです。 顔のデッサンが

気にしないでください リモージュボックスは小さいのです。タテ4㎝×ヨコ3㎝×高さ1㎝です。

脇から見ると本の形式  工房はArtoriaです。 No.89です。

留め金は土星です。

 中には星と土星が描かれています。言葉は「 No grown

-up will ever understand 」 実際の本の表紙に合わせて作られたようなボックスです。

     「星があんなに美しいのも,目に見えない花が一つあるからなんだよ……」

続きを読む


星の王子さま 3 [リモージュボックス 物語]

真打ち登場! 星の王子さま!

ビビットな色合いです。 王子さまの立っているところには星と土星が書かれています。

  留め金はやっぱり★     内部には言葉が書かれています。

 「Here is the best portrait that,later I    was able to make of him.」(これが,ぼくがあとになってかきあげた,一ばんじょうできの, そのぼっちゃんの肖像です。) 

 

描かれている絵はたぶん砂漠で見たお日さま…?

立体系の王子さまは他には見かけなかったのですが,ワガママな薔薇の花とか狐のボックスも

あるといいのに…と思います。 途中で作るのをやめたのかしら?

 それともフランスやアメリカの方は王さまが好きなのかしら?

王さまが王子さまに向かって「自分自身を裁判しなさい」と言った言葉が印象的ではあります。

 

        「砂漠が美しいのは,どこかに井戸をかくしているからだよ……」


星の王子さま 2 [リモージュボックス 物語]

 星の王子さまの本のボックスは幾つかあるようなんですが

Artoriaの登場人(?)物のボックスは4つです。 これはヒツジのボックス,ウワバミのボックスに

次いで3つ目の,王さまのボックス。 絵本よりも穏やかな表情の王さまです。…暗くて見えにくい

ですね。 このボックスは比較的大きくて高さが8㎝です。 直径が5㎝ぐらいでした。

王さまなので留め金はやはり王冠。

               中に入っていたのも王冠でした。  さらに言葉も書かれています。

  「I rule over everything」          

    

    「そうだとも,そうだとも。 すぐにもしたがう。 わしは不規律を許さんのじゃ。

                                            王さまは寂しい。


星の王子さま 1 [リモージュボックス 物語]

当然のことながら星の王子さまのリモージュボックスもあります

これは物語の上で大切なボックスです。 まさにボックスです。

中にはもちろん,ヒツジ。 ヒツジがまた素朴です。 

 工房はArtoria。 このボックスって塗りはそんなに
難しくないに違いないと常に思っています。私にも出来そう…
続いてもう1つ。 ゾウを飲み込んだウワバミです。これこそ私にも塗れそう! 
ちゃんと顔が描いてあるんです。  結構カワイイ…。
中には当然ゾウです。
 ボックスの中には「Grown-up never understand 
anything」と書かれています。これもArtoriaのもの。
星の王子さまのボックスの中で,これがいちばん好きです。 単純さが大好き。
それにしてもウワバミって蛇のことだったんですね。 子どものころ,ウワバミという動物だと
思っていました。 少し大人になってからは大酒飲みもウワバミというと知り,蛇だと知ったのは
立派な社会人になってからです…。 子ども時代の知識(思いこみ)とは恐ろしいものです……。
 
               「ね……ヒツジの絵をかいて!」

リモージュボックス 物語 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。